読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

計画父さんの娘(ゆりっぺ)2019年中学受験備忘録

H学園という塾に2017年2月から通わせ始めた父.娘のあまりの学力の低さに動揺しつつも最高峰を目指すという,やや二番煎じブログ

物語文はこれさえわかれば簡単(最終回)

「行動の理由を問う問題」と「気持ちの理由を問う問題」は似て非なるもの ここまでの話を理解すれば,「登場人物の行動の理由を問う問題」と「登場人物(主に主人公)の気持ちの理由を問う問題」は全く異なることを尋ねられていることがわかると思います. …

物語文はこれさえわかれば簡単(その2)

くどいようだが,心が行動に影響するのであって行動が心に影響するわけじゃない このお話の続き. 「悲しい」と言いながら泣いている女の子がいるという状況を想像してみましょう.前回の記事でも書いたように,ここから因果関係を取り出すことが物語文の読…

物語文はこれさえわかれば簡単(その1)

受験に必要な能力 計画父さんの独断で言わせてもらうなら,中学受験で問われる能力というのは大きく分けて下の三つです. 現象から因果関係を把握する能力(国語) 記号を操作する能力(算数・理科) 記憶力(理科・社会) もちろん,サカナ型の醤油差しのキ…

小学生に方程式を教えるべきなのか?(3)

方程式をやる前に「恒等式」の概念を叩き込む必要がある 例えば,「3 + 7 = 10」を英語で言うとどうなるか?中学・高校で色々な言い方を習いましたが,その中に"Three and seven make ten."という言い方があります.これは意訳すると「3と7をくっつけたら…

『中学受験6年生からの大逆転メソッド』は素晴らしいので読むべき

蛇の道は蛇(受験は受験カウンセラー) アメリカの俳優にケヴィン・ベーコンという人がいます.このケヴィン・ベーコンは,あらゆるジャンルで非常に多数の映画に出演してます(『13日の金曜日』は見ました).当然共演した俳優も多いため,ケヴィン・ベーコ…

小学生に方程式を教えるべきなのか?(2)

そもそも「比」の概念がわかってない人には算数を教えても無駄 だいたい大人の3割はこの「比の概念」を理解しないまま大人になってしまっています.「まさか!」とお思いになるかもしれませんが,例えば「A地点からB地点までいつもの2倍の速度で行けば半分の…

小学生に方程式を教えるべきなのか?(1)

方程式を教えるべきか否か 僕が受験した30年前にも,「特殊算を覚える」か「方程式で解く」かという論争はありました.僕が受験した頃はまだ問題を解く過程自体を採点対象にする中学がたくさんありました(今は六甲ぐらいしかないのでは?).そういうときに…

つるかめ算に出てくる亀の本当の姿は

中学受験の算数と聞いて真っ先に思い浮かぶのは「つるかめ算」です.都合悪く遮蔽物のために頭部と脚だけが見えている生物(鶴もしくは亀)の頭数を求めるという中学受験を代表する特殊算の一つです. しかし普通に考えれば 「鶴の足が見えてるなら亀の全身…